ほうれい線をなくす方法

ほうれい線をなくすには紫外線対策は必須!

ほうれい線をなくすには紫外線対策は必須!

 

 

紫外線は美肌の大敵です。

 

 

でも、分かっていてもつい日焼け止めを塗り忘れちゃったりしますよね。

 

 

ここでは、これ以上ほうれい線を濃くしないためにやっておきたい紫外線対策についてご紹介しています。

 

 

 

 

紫外線は肌の老化を早める!

 

 

紫外線は目には見えませんが、そのパワーは強力で、肌の深部にある真皮層にまで届いてしまいます。

 

 

真皮層にはコラーゲンが存在していて肌のハリ・弾力をキープしていますが、紫外線のダメージを受けるとコラーゲンはどんどん破壊されていき、肌のハリが失われてしまいます。

 

 

その結果、たるみ(ほうれい線)につながってしまうんです。

 

 

また、紫外線をたくさん浴びると活性酸素を発生させてしまうので、肌の老化自体も早まってしまいます。

 

 

紫外線は1年中出ているので、ほうれい線をこれ以上濃くしないためにも対策を続けましょう。

 

 

 

 

ほうれい線予防に効果的な紫外線対策

 

 

強力な日焼け止め

 

紫外線を強力にカットするには、日焼け止めはPA++以上のものを使いましょう。

 

 

SPFにばかり目がいきがちですが、ほうれい線対策のためにはPAの方が重要なんです。

 

 

PAはシワやたるみ、ほうれい線の原因になるUV-A波をカットする強さを表していて、PAの横の+が多ければ多いほどカット効果が高くなっています。

 

 

PA+、PA++、PA+++、PA++++の4段階に分かれていて、ちょっと買い物に行く程度ならPA++、1日中外にいる時や海に行くときなどはPA++++が理想です。

 

 

これからはSPFだけでなくPAにも注目して日焼け止めを選んでみてください☆

 

 

 

パウダーファンデーションを重ねる

 

日焼け止めをうっかり忘れた時や塗り直すのが面倒な時は、パウダーファンデーションで代用しましょう。

 

 

化粧品に含まれるパウダーには紫外線をカットする効果があるので、日焼け止めを忘れても安心です。

 

 

パウダーファンデーションやフェイスパウダーなど、粉ものなら何でもOKです。

 

 

PA++以上の日焼け止めにパウダーファンデーションを重ねれば、強力に紫外線をカットすることができてオススメです♪

 

 

 

ビタミンCを摂る

 

今日は焼けそうだな〜という日は、お出かけ前にビタミンCをたっぷり摂取しましょう。

 

 

抗酸化成分を体にたくさん蓄えることで日焼けしにくくなります♪

 

 

1つだけ注意したいのは、レモンやオレンジなどの柑橘類はNGだということです。

 

 

レモンやオレンジ、キウイなどはビタミンCをたっぷり含んでいますが、日光に当たるとシミを出来やすくするソラレンという物質を含んでいるからです。

 

 

なので、シミを作りたくない人はイチゴがおすすめですね。

 

 

イチゴならソラレンを含んでおらず、ビタミンCもたっぷりです^^

 

 

 

関連ページ

ほうれい線のケアにおすすめの美容成分
ほうれい線をなくす美容成分

ホーム RSS購読 サイトマップ