ほうれい線をなくす方法

ほうれい線のケアにおすすめの美容成分

ほうれい線のケアにおすすめの美容成分

 

 

ここでは、ほうれい線のケアにおすすめの美容成分をご紹介します。

 

 

成分にこだわって化粧品を選んで、ほうれい線に効かせていきましょう。

 

 

 

レチノール

 

 

まず、レチノールですね。

 

 

レチノールはビタミンAの一種で、「肌のコラーゲン生成を活性化する働き」があります。

 

 

なので、レチノールを塗ることで肌がコラーゲンをたくさん作り出せるようになり、ハリ・弾力が出てシワやたるみの解消に効果的とされているんですね。

 

 

レチノールは効果が高い成分なので、そのぶん肌への刺激も強く、敏感肌の人にはおすすめできません。

 

 

使い始めは肌がカサカサして赤くなることもあるようなので、こまめに肌の様子を見ながら使いましょう。

 

 

肌が弱くなくて高い効果を求める人にはおすすめできる成分です。

 

 

※レチノールを肌に塗った後に日光に当たると効果が弱まってしまうので、夜のスキンケアにだけ使うようにしましょう。

 

 

 

 

ビタミンC誘導体

 

つぎにおすすめなのが「ビタミンC誘導体」です。

 

 

ビタミンC誘導体は、レチノ―ルと同じように「肌のコラーゲン生成を活性化する作用」があるので、肌のハリ感をアップさせてほうれい線のケアに最適です。

 

 

ビタミンC誘導体はレチノールほど刺激が強くないので、絶対安心とは言いきれませんが、肌が弱い人にもおすすめできます^^

 

 

ビタミンC誘導体のすごい所は、シワやたるみ以外にも美肌作用が豊富なことです。

 

 

オールマイティーすぎるだろ!というくらい、色んな肌悩みに効果を発揮してくれます。

 

 

ビタミンC誘導体のおもな美肌作用
・肌のコラーゲン生成を促す→シワ・たるみに
・メラニンを還元→シミ・そばかすに
・皮脂の分泌量をコントロール→ニキビ・毛穴に
・保湿→肌の乾燥に

 

 

なので、ビタミンC誘導体配合の化粧品を使うだけでほうれい線のほかに、シミやニキビ、毛穴などの肌トラブルも同時にケアできちゃうんです。お得ですよね。

 

 

でも、配合量が少ないと効果を得ることはできません。どんな成分でもそうですけどね。

 

 

化粧品を選ぶときは成分表(裏表示)をチェックして、できるだけ前の方か真ん中くらいまでに表記されているものをチョイスしましょう。

 

 

ほんのちょろっとしか入ってないものだったら、せっかく買ったのに全然効果ないじゃん…という事になっちゃいます(>_<)

 

 

 

ナイアシン

 

ナイアシンも肌の代謝を高めてコラーゲン生成を促してくれるので、ほうれい線のケアにおすすめです。

 

 

ナイアシンは刺激が弱いので、肌が弱い人に特におすすめです。

 

 

肌が弱くて使える化粧品は限られる…という人でも、取り入れやすい成分ですね。

 

 

 

 

 

 

関連ページ

ほうれい線をなくすには紫外線対策は必須!
ほうれい線をなくすスキンケア

ホーム RSS購読 サイトマップ