ほうれい線をなくす方法

ほうれい線をなくす方法|スキンケア・化粧品・美顔器・サプリまとめ

ほうれい線をなくす方法|スキンケア・化粧品・美顔器・サプリまとめ

 

 

ほうれい線があるだけで、見た目年齢がグッと上がってしまいますよね。

 

 

なんか最近老けたな…と思ったら鼻の横にほうれい線がくっきり出来ていたり、写真を見て私ってこんなにほうれい線濃かったんだ…とショックを受けたり。

 

 

そんな憎きほうれい線をなくすべく、ここでは「ほうれい線の原因」から「ほうれい線をなくす方法」までまとめてみました!

 

 

ほうれい線をなくして、あなたも一緒に若返りませんか^^

 

 

ほうれい線をなくす方法〜目次〜
ほうれい線の原因

 

ほうれい線は若い人にもできる

 

ほうれい線をなくす5つの方法

 

ほうれい線をなくす方法:まとめ

 

 

 

ほうれい線の原因

 

頬のたるみ

 

ほうれい線ができる1番の原因は、ずばり「頬のたるみ」です。

 

 

若い頃はピンとハリがあったほっぺたが、加齢や紫外線などが原因でたるんでくると口元にのしかかってきます。

 

 

これがほうれい線のおもな原因です。

 

 

皮膚だけでなく表情筋(頬の筋肉)も衰えることで、ほうれい線に拍車はかかってしまいます。

 

 

ほうれい線のおもな原因=皮膚と筋肉の衰えによる頬のたるみということですね。

 

 

頬がたるむことで、ほうれい線だけでなく頬の毛穴が目立ってくることもあります。

 

 

 

頬のたるみの原因は様々

 

 

そんな、ほうれい線の原因である頬のたるみは、

 

 

・加齢
・紫外線
・表情筋を使わない生活習慣

 

 

などによって起こります。

 

 

お肌の曲がり角である25歳を過ぎると、肌のコラーゲンの量自体が減ってくるのでハリ感がまず無くなってきます。

 

 

お肌にぷりんとしたハリ感を出しているのはコラーゲンなので、これが減ってしまうとどうしてもハリ感が不足してしまい、たるみやすくなります。

 

 

そして、紫外線も頬をたるませる(=ほうれい線を作る)大きな原因です。紫外線は目には見えませんがパワーがすさまじいので、お肌の奥まで入り込んでコラーゲンを壊してしまいます。ただでさえ加齢で減ってしまった大事なコラーゲンを、破壊してしまうんです。

 

 

なので紫外線対策をちゃんとしていないと肌のコラーゲンの減少・劣化を止められず老け顔まっしぐらになってしまいます(>_<)

 

 

そして、現代人特有の生活習慣にも原因があります。

 

 

現代人はスマホやパソコン、タブレットなどが手放せない生活を送っていますよね。

 

 

仕事がら仕方ないこともありますが、電車でスマホ、休憩時間にもスマホ、寝る前にもスマホ…と依存してしまっている人が多いように感じます。

 

 

そして、実はスマホやパソコンのやりすぎは顔をたるませて、ほうれい線の原因をつくってしまうんです。

 

 

「スマホネック」と呼ばれる、顔だけ前に突き出たような姿勢は、首の前側の皮膚に負荷がかかるので、顔をたるませるといわれています。

 

 

パソコンやスマホをいじっている時ってついつい背中が丸くなっちゃいますが、ほうれい線予防のためにシャキッと背筋を伸ばしたいところですね。

 

 

 

乾燥

 

肌の乾燥も、ほうれい線を悪化させる原因になります。

 

 

朝はなかったのに、夕方になると口元にシワが…という場合は乾燥によるシワの証拠です。

 

 

ほうれい線の根本的な原因は”頬のたるみ”なので乾燥だけが原因でできることはありませんが、ほうれい線を悪化させることはあるので注意しましょう。

 

 

 

ほうれい線は若い人にもできる

 

ほうれい線と聞けば、40代とか50代とか、アンチエイジングが必要な年頃になるとできるイメージですが、最近では10代や20代の若い人でもほうれい線に悩む人が多いようです。

 

 

これはスマホ・パソコンのやりすぎや引きこもりがちなライフスタイル、お店にいかなくてもネットでポチればすぐ物が届く現代の環境などが、顔をたるみやすくさせていると考えられます。

 

 

また、表情筋は「食べる」「話す」「表情を変える」などの日常生活の動作で自然と使われるものですが、よく噛まずに食べたり人とあまり話さなかったり、話しても無表情だったりとあまり使われていないと衰えてしまい、ほうれい線をつくってしまいます。

 

 

顔の筋肉も体と同じで、使わないとどんどん衰えてしまいますからね。

 

 

 

ほうれい線をなくす5つの方法

 

 

 

では、出来てしまったほうれい線をなくすにはどうしたら良いのでしょうか。

 

 

肌のハリ・弾力アップ

 

まず必須なのが、「肌のハリ感アップ」です。

 

 

失われた肌のハリを高めるには、有効成分でケアすると効果的です。

 

 

有効成分とは、ここでは「肌のコラーゲン生成を促す成分」のことを指します。

 

 

肌のハリがなくなったのは、肌のコラーゲンが減ったからだとお話ししましたね。

 

 

肌のコラーゲン量が、肌のハリ感に比例するんです。

 

 

なので、肌がコラーゲンを作り出せるようにサポートする有効成分(レチノールやビタミンC誘導体、ナイアシンなど)でスキンケアをすると効果的ですね。

 

 

これらのいずれかが配合された化粧品でスキンケアを続ける事で、肌のコラーゲンを増やしてハリ感がアップし、ほうれい線にアプローチすることができます。

 

 

今お使いの化粧品を見直してみましょう^^

 

 

 

徹底的に保湿

 

お肌が乾燥するとほうれい線を悪化させてしまうので、保湿はたっぷり行いましょう。

 

 

毎日フェイスパックorコットンパックをして、お肌にうるおいをチャージします。

 

 

ヒアルロン酸やセラミド、プロテオグリカンなどの高保湿成分が配合された化粧品をスタンバっておいて、乾燥してるな、と感じたらすぐに塗れるようにしておきましょう。

 

 

お風呂から上がったらすぐに保湿をして、乾燥する隙をつくらないようにがんばりましょう^^b

 

 

 

表情筋を鍛える

 

つぎに、表情筋を鍛えていきましょう。

 

 

頬の筋肉を強くすることで、ほうれい線をなくすだけでなくキュッと口角が上がりやすくなります。

 

 

頬の筋肉を強化するエクササイズ
1.鏡を見ながら口角を限界まであげる
2.口角が上がったまま30秒以上キープ
3.ゆっくり自然な表情に戻る

 

 

これを1日3セットは行いましょう。

 

 

口角が全然あがらない…という人は割りばしをくわえてやるとやりやすいです。頬の筋肉で口角を引き上げるイメージでやりましょう^^

 

 

続けていくと口角がキュッとあがるようになるので笑顔が素敵になりますし、写真写りも良くなりますよ♪

 

 

3セットやっても3分もかからないので、スキマ時間を見つけて続けてみてください☆

 

 

 

美顔器

 

美顔器を使って頬のたるみをリフトアップするのも効果的です。

 

 

表情筋エクササイズはどうしても続かないという人はEMSや超音波がついている美顔器なら表情筋エクササイズを刺激して鍛えることができますし。

 

 

化粧品の浸透を良くしたり、振動を与えて肌を活性化して、ほうれい線に効かせていきましょう。

 

 

 

それでもだめならクリニックへ

 

「化粧品も変えたし表情筋エクササイズも続けてる。美顔器だって使ってるのに全然ダメ…泣」

 

 

という場合は、思い切ってクリニックへ相談してみるのもアリです。

 

 

美容皮膚科のあるクリニックでレーザーの美肌治療を受けても良いですし、美容外科でヒアルロン酸などを注入する方法もあります。

 

 

ヒアルロン酸を入れると物理的に口元がふっくらするので、即効でほうれい線をなくすことができます。

 

 

ヒアルロン酸は体内に吸収されてしまうので効果は一時的ですが、注射1本で手軽にできるので「ちょっと試してみたい」という人にぴったりのプチ整形といえます。

 

 

 

 

ほうれい線をなくす方法:まとめ

 

 

ほうれい線の原因からケア方法までお伝えしてきましたが、いかがでしたか。

 

 

スキンケアは一朝一夕に効果がでるものではありません。

 

 

結果がなかなか出なくても、根気強く続けていきましょう。

 

 

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ